51.一周忌につきましてお願い 2019/09/15 (日)

 早いもので、今月末には夫の一周忌を迎えることとになりました。
思い返せば、長かくもあり短くもあり・・・いろんな複雑な想いが駆け巡ります。



 一周忌に関しましては、私が8月より大病を患い大手術を受けましたので、
私の体調面の不安もありますので、夫の母、弟夫婦、息子、私の7名だけで執り行う予定です。



 一周忌にあたりまして、供物・お花・その他のお心遣いは、固くご辞退申し上げます。
新居が狭くて置き場所がないことや、頂き物をした場合お礼状や返礼の手配などの事務的なことを行うことが、
現在の私の状況から判断して無理ですので、どうぞご配慮頂ければ幸いです。
皆様方の優しいお気持ちは十分理解出来ますので、お気持ちだけで十分です。



 なお、京町の和田明大弁護士の事務所を突然訪問されたり、
品物を送付されたりする方がおられますが、
和田先生に多大なご迷惑をお掛けすることになりますので、
そのような行為は慎んで頂きますようお願い致します。



 私が転居を決めた理由は、静かに慎ましく穏やかに暮らしたいと願ったからです。
私の転居先を訊ねたり、自宅を訪問されることも、重ねて固くお断り致します。



 最後に、自宅の夫のメモリアルコーナーの写真を掲載いたします。
写真で申し訳ありませんが、手を合わせ心静かに祈り、
夫のことを暫し偲んで頂ければ幸いです。



 以上のお願いにつきまして、ご理解の程、どうぞよろしくお願い致します。