ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

11.SINGER (2019-01-18)

 当代随一の歌唱力を誇る、島津亜矢さんの念願のライブを初めて聴きました。しかも、席は一列目のど真ん中。島津亜矢さんの名前入りの法被を着て、手にはペンライトを持っている後援会の方々と同じ並びの席でした。太鼓2台、尺八、三味線、サックス、ドラム、ギター、ピアノ・・・などの贅沢な生演奏。天性の艶のある伸びやかな歌声、圧倒的な歌唱力と表現力で、演歌もポップスも素晴らしくて感動的でした。カバー曲も、ご本人が歌...

10.映画への旅 「ぼけますから、よろしくお願いします。」 (2019-01-14)

 「ぼけますから、よろしくお願いします。」は、デンキカンで公開されている新春第二弾の映画のラインナップの中で一番人気の映画です。中高年のご夫婦などを中心として、介護職の若者なども数多く鑑賞していました。決して他人事として観るのではなく、将来の自分の姿を重ね合わせたり、あるいは子供は年老いた両親とどのように関わりながら見守るべきかなど、映画を観ながら色々と考えさせられました。 広島の呉市在住の母87歳...

9.山笑い (2019-01-13)

 昨年12月23日、草葉町にオープンしたばかりの江戸蕎麦「山笑い」は、東京荻窪の「本むら庵」で修行されたお若い店主が営む手打ち蕎麦の店です。 蕎麦は極細で舌触りも喉越しも絶品。極細でありながら、蕎麦特有のもっちり感やほのかな甘さが感じられます。つゆは江戸前のさっぱりとした味わいです。 季節の一品料理も厳選されているので、お酒の肴としてもよいでしょう。私が特に気に入ったのが天ぷらです。薄衣でからりと揚...

8.初笑い (2019-01-12)

 肥後にわかキンキラ劇団「新春初笑い公演」が、熊本森都心プラザホールにて開催されました。開場が昼12時だったので、早目に午前11時にプラザホールに到着すると、整理券番号は110番でした。熊日新聞社の方から一番乗りをされた方は午前8時と聞いていましたが、偶然にも私のお隣の席のご夫妻が一番乗りをされた方でした。何と午前7時に来られたと聞きびっくりしました。250席ある会場内は満席で大盛況でした。ご来賓の...

7.いだてん (2019-01-11)

 鶴屋デパート1階のサテライトでは、NHK大河ドラマ「いだてん」の主役として有名な「金栗四三の足跡」展が開催されていました。ドラマは第1回目が放送されたばかりですが、NHK朝ドラマ「あまちゃん」のスタッフが再集結したドラマは、これまでの重厚な内容の大河ドラマとはかなり印象が違い、コミカルな要素がふんだんに散りばめられていて、かなり楽しめる内容となっています。 展示コーナーでは、興味深い面白いエピソードがたっ...

6.本当の姿に出逢う (2019-01-09)

 昨年末からアルバム約100冊の整理をしていましたが、やっと整理が完了しました。最初は気の遠くなるような地道な作業に途方に暮れましたが、集中して見事遣り遂げることが出来ました。 100冊のアルバムの全てのページをチェックして、どうしても保存したいと思う写真だけをピックアップして、不要になったアルバムは全て処分しました。大量の写真をチェックしていると、分類すべき項目が頭に浮かんで出来ました。①夫の幼少...

5.映画への旅 「生きているだけで、愛。」 (2019-01-06)

 今年のお正月映画は、日本映画を3本観ました。「こんな夜更けにバナナかよ」、「生きているだけで、愛。」、「鈴木家の嘘」です。 「こんな夜更けにバナナかよ」は、闘病ものにありがちな深刻さや暗さがなく、生活の質を重視しながら病と共に生きることをテーマにしていています。ユーモアタッチで明るく描いている点が好感が持てました。   「鈴木家の嘘」は予告編では、あえてコメディと勘違いさせるような編集をしていまし...

4.希 望 (2019-01-05)

 昨年末、デンキカンの珈琲しもやまで、年始用の特別なコーヒーが販売されていました。コーヒーはお正月の定番の「福豆」、「黒豆」、そして今回新たに「希望」の3種類がありました。私は「希望」という名前に惹かれて「希望」を購入しました。 年末に購入しましたが、封を開けるのは新年になってからと決めていました。今日封を開けて、コーヒー豆の焙煎の状態と香りを確認しました。「希望」に添えられたカードには、画家の青柳...

3.復 興 (2019-01-04)

 穏やかな日差しの中、加藤神社へ参拝に行きました。遥か遠くまで笛太鼓の音色が響き渡っていました。参拝客が多く、駐車場を行き交う車で大混雑で、警備の方々も大忙しです。 会社の社長と社員の方々や中学の野球部のメンバーなどが、祈祷して頂くために拝殿に次々に入って行きます。参拝をするための長い行列が出来ていました。 無事参拝を終え、熊本城の復興している姿を眺めていると心が晴々とします。お城の外観を覆っていた...

2.年末年始を振り返り (2019-01-02)

 昨年末は、12月25日に事務スタッフの退職。そして、翌26日は事務所の廃業届提出と受理。次々に押し寄せる悲しい現実に心が折れそうになるほどかなり落ち込みました。 そうしましたら、28日(金曜日)の明け方、夫が亡くなってから初めて夢の中に現れました。私は嬉しくて夫に「どうしてたの?」、「元気だったの?」と矢継ぎ早に訊ねました。すると、夫はいつものようにお茶目な笑顔を浮かべてちょっと照れくさそうにしなが...


過去のスタッフブログ