ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

40.今を生きる (2019-03-24)

 今年も、3月24日(土)と 25日(日)の両日、お花見の時期に合わせて期日限定で行幸坂が開放されました。 一年に一度の貴重な機会ですので、行幸坂入口ゲートからゆっくり散策しました。熊本城までの通路は、今年秋の一般公開に向けて美しく整備されていました。昨年見た時には崩落した石垣がゴロゴロと道を塞いでいましたが、今年は見違えるほどきれいになっていたので驚きました。熊本城の桜(ソメイヨシノ)の開花状況は、満開の...

39.「幸福」(しあわせ) (2019-03-23)

 熊日新聞主催の第12回 吉本由美とおしゃべりする映画会「幸福」(しあわせ)が、デンキカンで開催されました。作家・エッセイストの吉本由美さんお薦めの作品を鑑賞して、観客と共に感想を語り合う会です。映画上映開始前、続々と観客が詰め掛けて大入りで満席でした。 女性監督のアニエス・バルダによる1964年制作のフランス映画。ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。映画の内容は、一組の夫婦と愛人との三角関係を描き、「幸...

38.誕生日会 (2019-03-21)

 今日は、夫の母の誕生日会を開催しました。本当は23日が誕生日ですが、ちょっと早めにお祝いをしました。 私の新居のリビングには、夫のメモリアルコーナーがあります。私が創った夫の人形や、夫の写真などもたくさん飾ってあるので、母はメモリアルコーナーを見るなり胸が一杯になったようで、「秀德・・・」と言って泣いてしまいました。 母に「今までで一番楽しかった思い出は何ですか?」と訊ねてみると、母はすぐに「秀德...

37.イーハトーボの劇列車 (2019-03-20)

 県立劇場にて「イーハトーボの劇列車」が上演されました。井上ひさしさん作、長塚圭史さん演出、主演は松田龍平さんです。人気俳優の主演ということもあり、観客は若い女性が多く見受けられました。松田龍平さん以外は、舞台経験豊富なベテラン俳優が多く出演していました。松田龍平さんは宮沢賢治の役を演じましたが、飄々として朴訥な雰囲気が、役柄とよく合っていたように思いました。 人気演出家であり俳優としても活躍されて...

36.散り椿 (2019-03-19)

 夕方、二の丸広場へ行くと、広場の丁度真ん中の1本だけ桜が開花していました。若い女性3人組が、シートを敷いて一足早いお花見を楽しんでいました。女性陣から少し離れた位置から、若い男性が桜の写真撮影をしたりしながら、開花した花を熱心に見つめていました。 桜の花の開花状況をじっくり観察すると、蕾がふっくらとしていて、もうすぐ開花しそうな気配でした。明日は気温が上昇するとの予報が出ていますので、開花状況が気...

35.映画への旅 「運び屋」 (2019-03-16)

 クリントイーストウッドの最新作。今回の作品で注目されるのは、現在89歳のクリントイーストウッドが10年振りに主役(90歳の老人)兼監督ということで話題になっている作品です。主人公に自分自身のこれまでの人生を重ね合わせ、飄々と演じています。仕事中心の生活を過ごし、家族との時間をないがしろにしてきたこと、妻とは離婚し、娘とは断絶状態、仕事は破綻し、何もかも失った孤独な老齢の「運び屋」が、人生の最後に取...

34.立川談春 独演会 (2019-03-14)

 3月14日、立川談春さんの独演会が、県立劇場にて開催されました。熊本での公演は約2年振りとなります。落語だけでなく、テレビドラマや映画でも大活躍されている談春さん。ドラマや映画の撮影の裏話を面白おかしく話して、たっぷり笑わせてくれました。 「古典落語の名手」と称されるだけあって、愛や恋に纏わる艶っぽい話をテンポよく、人情味豊かにしっとりと語ります。人物の演じ分けが巧みで軽妙であり、情景が目に浮かび...

33.シングルオリジン (2019-03-12)

 3月12日、NHK特別講座を受講しました。講座の内容は、日本茶の美味しい淹れ方とシングルオリジンの日本茶の味わいを楽しむというものでした。講師は、東京の表参道にある「茶茶の間」のオーナー和多田喜さんです。和多田さんは、2005年に日本茶インストラクターの資格を取得し、日本茶ソムリエとして活躍されています。福岡では8年前からNHKの講師をされていますが、今回熊本で初めて講座が開催されました。 セミナ...

32.お引越し (2019-03-08)

 3月6日、コピー機と電話器4台の引き取り作業がありました。2人の作業員のうちのおひとりが「コピー機の納品の時にも私が来ました。その時に先生がおられました。」と懐かしそうに話されました。3年前にコピー機を納品しましたが、偶然ですが今回、同じ方がコピー機の引き上げにも来られたことに感慨深いものがありました。コピー機は最新の物に変える度に性能が格段に向上して、仕事の効率化に大いに貢献してくれました。コピ...

31.映画への旅 「グリーンブック」 (2019-03-03)

 つい先日、第91回アカデミー賞の作品賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚本賞の3部門受賞を受賞したことが発表されたばかりでしたので、会場内は大入り満員でした。 物語は1962年、差別が残る南部でコンサートツアーを計画する黒人天才ジャズピアニストと、粗野で無教養のイタリア系の用心棒兼運転手のロードムービー。黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、個性の全く違うふたりが旅をする中で、人種差別問題やLGBTな...


過去のスタッフブログ