ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

54.「痛くない死に方」 (2021-03-20)

 映画「痛くない死に方」は、終末期医療における「在宅医療」について描いています。映画の前半部分では、在宅医としての経験の浅い未熟な医師と、円滑な意思の疎通が出来ない介護する家族の歯痒さやもどかしさ、痛みのコントロールがうまく出来ていない患者の苦痛の壮絶さ、疲労困憊する介護する家族の深い苦悩などがリアルに描かれています。患者役の俳優の迫真の熱演は非常に説得力があり、観ていて辛くてなりませんでした。 映...

53.幸せなってね、ミーコちゃん (2021-03-19)

 私は、保護ネコのミーコちゃんに会いたくて、毎週保護ネコカフェ「かごにゃん」に通っています。昨年、高齢の飼い主さんが亡くなられて、かごにゃんに保護されたミーコちゃん。年齢は13歳。ミーコちゃんは13年間、飼い主さんとふたりだけの生活だったので、沢山の保護ネコがいるかごにゃんでの生活に馴染めず、保護された当初は食事も殆ど摂らず痩せ細り、このまま死んでしまうのではないだろうかと心底心配しました。  今年...

52.春爛漫 (2021-03-18)

 サクラマチガーデンの桜の開花状況を見学に行きました。地植えの桜(160本)の見頃は来週くらいでしょうか。大型のプランターに植えられた陽光桜(40本)は、華やかな濃いピンク色で、かなり咲いていました。 沢山の提灯が、桜まつりのお祭り気分を演出していました。ガーデンの水辺に咲く花も清々しく美しく、春爛漫。 ガーデンから花畑公園方面を眺めると、カラフルな花壇が見えました。フラワーアーティストのニコライ・...

51.お花見のスタイル (2021-03-17)

 久し振りに第一環状線のバスに乗り京町へと。ゆっくり散策しながら伝統工芸館を目指しました。馴染みのフラワーショップが場所を少しだけ変え、店舗が小規模になっていたので、危うく見過ごすところでした。ドーナツの店舗が新たに出来ていて、京町も少しづつ変化していることを感じました。 伝統工芸館のおもてなしの花は、れんぎょう・アルストロメリア・クリスマスローズ・ドラセナなどを、小代焼の井上泰秋さんの花器「大鉢」...

50.サクラ~せつない想い出~ (2021-03-17)

 熊日イラスト&マンガ教室の第7回目の講習がありました。今回は出席率が今までで一番多くて、とても賑やかでした。 前回は初めての10コマで苦心しましたが、今回は初心に戻り再び4コマに挑戦しました。私は、事前に桜をテーマにしたものを描こうと決めていたので、話の内容は予め考えていました。 マンガの内容は、夫が亡くなった翌年の春、夫の写真を胸に抱えて桜見物にひとりで出掛けた時、城彩苑から二の丸広場へ行く途中...

49.新阿蘇大橋 (2021-03-15)

 数日前、熊日新聞にアスペクタの桜が咲きはじめたという記事が掲載されたので、桜見物をするのを楽しみにして出掛けました。阿蘇アスペクタには、4種類の桜(河津桜・ソメイヨシノ・楊貴妃桜・ヤマザクラ)が約6700本が植樹されています。しかし、すでに葉桜となっていました。パッと咲いてパッと散る、桜の儚さ。残念ながら、今年はご縁がなかったようです。 アスペクタの近くにある道の駅「あそ望の郷くぎの」を久し振りに...

48.「KCIA 南山の部長たち」 (2021-03-12)

 映画「KCIA 南山の部長たち」は、1979年10月26日、大韓民国大統領直属の諜報機関である中央情報部(通称:KCIA)部長キム・ギュピョンが、独裁者と批判されていたパク・チョンヒ(朴正煕)大統領を射殺した実話を基にしたフィクション映画です。主演はイ・ビョンホン。キム部長の内面を深く掘り下げた人物像は見応えがあり、高い演技力で演じ切っていて見事でした。 大統領の側近のキム部長が、パク大統領を射殺するまでの...

47.動物園日和 (2021-03-10)

 熊日新聞に動物園のマンドリル(コタロウ)が、3月8日に亡くなったという記事が掲載されていました。年齢は24歳(70歳代)。私はいつも動物園に行くと、寂しそうなコタロウのことが気に懸かって必ず見に行っていました。 色鮮やかなマンドリルで、面長の顔が独特でした。たった一人ぼっちで孤独感を漂わせていたコタロウ。久し振りに動物園を訪れると、真っ先にコタロウの献花台に向かいました。沢山の花束やメッセージが添...

46.「ラーヤと龍の王国」 (2021-03-09)

 ディズニー最新作「ラーヤと龍の王国」は、主人公がチャーミングな仲間たちと繰り広げる壮大なスペクタクル・ファンタジーです。 「ラーヤと龍の王国」は、アニメーションとは思えないような美しい景色が広がり、ため息がでるほど美しくリアルです。ディズニーのアニメーションは、一体どこまで進化を続けるのだろうかと思います。今作品の舞台となる架空の国は東南アジアとなっていて、格闘技や武術を取り入れた剣を振りかざす戦...

45.春爛漫 (2021-03-08)

 近所を散策していると、骨董品の収集が趣味のご主人が、玄関先に収集した骨董品を並べて、季節の花を飾っていました。 水仙や椿、華やかな早咲きの桜、桃の花など、春爛漫。裏通りにひっそりと佇み、見過ごしてしまいそうなさり気ない風情ある佇まいは、季節の花々と見事に調和していてとても素敵です。四季折々、道行く人々を楽しませてくれますが、やはり今の季節が一番華やいでいます。思わずしばらく佇んで、春を満喫させて頂...


過去のスタッフブログ