ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

65.メルヘンストリート (2020-03-15)

 新市街からサクラマチへと行く地下道を、久し振りに利用しました。エスカレーターで地下に降りた途端、これまでよりも照明がさらに明るくなっています。地下街特有の暗さがなくて、気分が明るくなります。 地下道の壁面を観ると、これまではポスターが飾られていましたが、現在は壁面のケースの中には、それぞれ工夫を凝らしたデコレーションが展示されていました。 ひとつひとつの展示物は、メルヘンチックな雰囲気のものが中心...

64.「彼らは生きていた」 (2020-03-14)

 ドキュメンタリー映画「彼らは生きていた」は、イギリス帝国戦争博物館に所蔵されていた第一次世界大戦中に撮影された未公開映像を「ロード・オブ・ザ・リング」で有名なピーター・ジャクソン監督が、モノクロの映像をクリアにカラーリングしてリアルさを追求した作品です。 映画はモノクロシーンでスタートして、暫くすると鮮明なカラー映像へと変わります。100年以上前のドキュメンタリー映像をカラーで観るという初めての経...

63.グリーフケア (2020-03-13)

 「看取りの心構え」と題する講演会が開催されました。講師は、長年に亘り緩和ケア専門看護師のスペシャリストとして歩んで来られた宮崎睦美さんです。宮崎さんは現在、特級グリーフケアアドバイザーやカウンセラーとしてご活躍されています。また、「いのちの電話」の研修講師もされています。10年間で約1,000名以上の方の悩みに寄り添ってきました。 宮崎さんご自身の病気や、肉親との死別の経験、がん患者やご家族、そし...

62.熊本市動植物園チャンネル (2020-03-12)

 夕方のニュース番組で、地方の水族館が閉館中の水族館の館内の様子を、ライブ配信している映像を観ました。とてもよいアイデアだなと思い、熊本市動植物園も臨時休園が続いているので、ライブ配信をするといいのにと思いました。そして、いつものように熊本市動植物園のホームページをチェックすると、何と嬉しいことに3月11日より、youtubeで「熊本市動植物園チャンネル」がスタートしていました。内容は、以下のようになってい...

61.「Fukushima 50」 (2020-03-11)

 映画「Fukushima 50」は、福島第一原発事故を題材とした映画です。2011年3月11日、大地震による巨大津波が発生し、福島第一原子力発電所を襲います。次々に起こる不測の事態に、現場の第一線ではどのような遣り取りをし、決断を下し、行動したのかが非常にリアルに描かれています。総勢100名の出演者は、魂のこもった迫真の熱演で大変見応えがありました。 いまだかつて世界中の誰もが経験したことのない不測の事態に遭遇し、現場で...

60.暮らしの糧 (2020-03-10)

 島田美術館で開催中の「一滴の会~暮らしの糧~」と、「島田真平ガラス作品展」を鑑賞しました。「一滴の会~暮らしの糧~」は、衣・食・住にそれぞれこだわった展示会です。①ヂェン先生(台湾)による、天然素材の着やすそうな美しい日常着、②「糸島くらし×ここのき」(福岡)のこだわりの調味料やジャム、③陶芸家・菅野一美さん(岐阜)の器の数々、④比佐水音さん(福岡)の絵画、⑤「トミーズアンティーク」(熊本)の家具...

59.花1本でもいいから・・・ (2020-03-09)

 熊日新聞に、「花買って」生産者ら苦境・・・というタイトルの記事が大きく掲載されていました。「花買って」という表現について、何てストレート過ぎるタイトルなんだろうと正直驚きました。分かりやすいと言えば分かりやすいですし、生産者の率直な思いとして理解出来ますし、確かに訴求力もあります。しかしながら、もう少し工夫した表現の方が私には好ましく感じられます。 NHKの夕方6時からのニュース番組で「季節の花便り」...

58.サクラ、サクラ (2020-03-08)

 今日は晴天で温かかったので、息子が阿蘇のアスペクタ「桜公園」へドライブに行き撮影した写真です。早咲きの桜(約6700本)が満開で、大変美しくて見頃だったそうです。 アスペクタの桜は、2009年に約1万本の苗木が植えられました。まだ苗木を植えたばかりの頃、夫と見に行った時のことをよく覚えています。広大な敷地に植えられた苗木を見て、夫が「この苗木が育った時は、素晴らしい景色だろうね」と言っていました。...

57.幸せのオーラ (2020-03-07)

 昨年9月、熊大病院を退院後、術後ということもあり口腔内に違和感があったので「スガ歯科医院」(水道町)を受診しました。今回は定期検診も兼ねて約半年振りに受診しました。受付とカウンセリングを担当されているカウンセラーの菅医師の奥様が、まるで人の心を丸ごとふわりと包み込むような、優しくて慈愛に満ち溢れた笑顔で迎えてくれました。私の悩みに対してやんわりと応えて頂けて、私の気持ちが穏やかで軽やかになるような...

56.天蕎かたへい (2020-03-06)

 かつて日航ホテルの裏通りにあった江戸前蕎麦「堅平」が、突然閉店したのが一昨年の年末(12月31日)でした。そして、昨年年末に堅平のオーナーが所有する自社ビル(熊八長屋 ビル )が完成しました。店名を「天蕎かたへい」として、ビルの最上階に新たに開店しました。以前は蕎麦が中心でしたが、今回は天ぷらがメインとなっています。 「堅平」のご主人は、一昨年の年末に閉店後、東京に修行に行き、料理の技にさらに磨きを...


過去のスタッフブログ