ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

86.ごあいさつ (2019-06-07)

 昨日は、夫が長年に亘りお世話になっていた、中央病院循環器のN医師にご挨拶に伺いました。昨年のお別れの会の時、N医師はどうしてもお忙しいとのことで都合がつかず、残念ながら欠席されましたので、お会いすることが出来ませんでした。N医師にお会いするのは、昨年6月、夫が敗血症の検査をして頂いた時以来でした。 夫は、昔からどんなに具合が悪くても、決して救急車を呼ぶことを許さない人でした。敗血症になった時には、何十...

85.SODA SUMMERだ!展 (2019-06-05)

 今週の美術館分館の催事は、若い作家の作品展が中心だったので、いつもと違う感じが新鮮で面白かったです。 まずは、平井能子さんという若い女性による「ワタシの棲み家」。イタリアにモザイク留学された経験を活かした作品は、今まで見たことがないユニークな作品群です。素朴でありながら、モザイク特有の色彩の複雑さに面白みが感じられました。 4階では崇城大学芸術学部の「夏」をテーマにした作品展が開催されていました。...

84.おやすみまくら (2019-06-04)

 愛犬ヒデちゃんも新居に慣れて、今では各部屋を自由自在に散歩するようになりました。ヒデちゃんは慎重派なので、部屋から部屋への移動は、十分に点検をしてからでないとしません。転居したばかりの頃は、部屋の中を隅々まで注意深く点検していた姿が印象的でした。 私もヒデちゃんとの生活に、だいぶ慣れて来ました。ヒデちゃんは今ではサイコロを転がしたり、アイボーンを咥えたり、ボールを蹴ったり、微妙な力の入れ加減をして...

83.長いお別れ (2019-06-02)

 主演の山崎努さんの演技が見たくて「長いお別れ」を観ました。若い頃は、山崎努さんの眼光が厳しくて鋭いのが怖くて苦手でした。ある時、ドラマ「早春スケッチブック」を見てから、山崎努さんという役者の凄さに心打たれました。それ以来、山崎努さんは別格の役者だと思うようになり尊敬しています。 中野監督が映画を見た山崎さんから、「こびずに堂々とした立派な映画だ。」、「見事な演出で、感服致しました。」と絶賛され、大...

82.彩・いろいろ (2019-05-29)

 伝統工芸館の玄関のアレンジは、ヒペリカムとミツマタです。純白のミツマタに赤・白・若草のヒペリカムが、よく映えます。ミツマタの長さを、敢えて揃えているところに面白みを感じます。ヒペリカムは少し高さを出して、高い位置からミツマタの根元まで、流れるように密集させて活けているのが、大きな躍動感を感じさせます。 伝統工芸館の催事の中で、私が最も好きなテーブルコーディネート展が開催されていました。今回で19回...

81.最高の笑顔 (2019-05-28)

 お月山公園を眺めながら歩いていると、色とりどりの花菖蒲が咲いているのが見えました。近付いて見ると、お月山公園の中を流れる水辺の両脇に、沢山の花菖蒲が咲いていました。 今まさに見頃の時を迎えて、人知れずひっそりと咲いている花菖蒲。余程、気を付けて見ないと、うっかり見過ごしてしまいそうです。「気付いて本当に良かった」、「何て美しんだろう」と感激しました。 昨日雨が降ったので、今日は草木がみずみずしくて...

80.再 会 (2019-05-27)

 今日は、昨年12月25日の事務所閉鎖の日まで事務所で共に働き、私を支えてくれたTさんとKさんに会いました。Kさんとはこれまでに何度かお会いしていますが、Tさんと会うのは半年ぶりとなります。 夫を喪った不安と寂しい気持ちに必死に堪えながら過ごした、辛い日々を支えてくれた大切な仲間たち。久し振りに会うと、懐かしさと共に特別な感情が湧き上がってきて、涙が込み上げそうになるのを必死で堪えました。 いつも細...

79.緑の光線 (2019-05-25)

第13回「熊日名画座 吉元由美おしゃべり映画会~緑の光線~」が、デンキカンで開催されました。上映開始前、前列中央のお気に入りの席をキープすると、偶然私の隣の席に吉元由美さんが座られました。お顔は存じ上げていますので、ご挨拶をさせて頂きました。私は、前回上映されたフランス映画「幸福」を観た数日後、監督が亡くなられているのを新聞で拝見して驚いたということを、吉元さんにお話ししました。すると、吉元さんは「...

78.桃、イチジク、ブルーベリー (2019-05-21)

 今週も、伝統芸館の花のアレンジが素敵でした。夏の青紅葉やスモークツリーの取り合わせが、初夏らしい涼やかな雰囲気を醸し出していました。 今日は八百屋さんを2軒、立ち寄りました。今年初めて入荷したという桃、イチジク、ブルーベリーに出会えました。 特に、桃を見た時には「ええ、もう入荷したの・・・。」という驚きと喜びで、思わず笑顔になってしまいました。 桃はまだ出始めなので、かなり小振りで可愛らしい感じで...

77.「クロノス・ジョウンターの伝説」 (2019-05-20)

 本日、デンキカンにおいて映画「クロノス・ジョウンターの伝説」の上映後、蜂須賀健太郎監督と梶尾真治さん(原作者:熊本在住)の舞台挨拶が開催されました。SF作家・梶尾真治さん原作の映画としては、これまでにも「黄泉がえり」や「この胸いっぱいの愛を」などがよく知られています。主演は、映画初主演の人気声優の下野紘さん。ヒロインは、「ゼクシィ」11 代目 CM ガ ールに起用された井桁弘恵さん。主役おふたりによる、タイム...


過去のスタッフブログ