ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

247.happyせんせい (2020-11-18)

 かねてより受講を希望していた、熊日「イラスト&まんが教室」の第1回目の受講が開催されました。講師は、熊本都市圏で配布されているフリーペーパー「すぱいす*spice」に掲載されている、4コマまんが家として有名な桜田幸子さんです。元幼稚園教諭で、テレビタミンのコメンテーターもされていた経歴から、楽しい雰囲気の中で分かりやすく学べる講座となっていました。 受講者は全部で14名。長く受講されている方も多いようで、...

246.ムーミン展 (2020-11-16)

 熊本市現代美術館で開催中の「ムーミン展」を鑑賞しました。ムーミンの風貌はコビトカバによく似ていますが、実は北欧の伝承に登場する妖精の一種だそうです。昔、フジテレビでムーミンのアニメが放映されていましたが、私は全く観たことがなかったので、予備知識がないまま新鮮な気持ちでムーミン展を鑑賞しました。 ムーミンの原作者であるトーべ・ヤンソン(1914~2001年)は、15歳の時から活躍するフィンランドを代表する芸術...

245.秋色スケッチ (2020-11-13)

 朝起きると、息子がすでに外出していたので驚きました。夕方、息子に行き先を訊ねると、菊池渓谷に写真撮影に出掛けていたと言いました。 夜、息子から菊池渓谷で撮影した写真が、数枚送信されてきました。夫も、秋になると必ず菊池渓谷の紅葉を撮影していました。これまで、夫の撮影した写真を数多く見ていますが、息子が撮影した写真は、夫が撮影した写真よりもしっとりとした風情が感じられました。撮影者の個性や感性の違いが...

244.「おらおらでひとりいぐも」 (2020-11-11)

 映画「おらおらでひとりいぐも」の主人公・桃子さんは、75歳でひとり暮らしをしています。上京し、同郷の夫と出会い結婚。子育てを終え、平穏な生活を夢見ていたら、突然夫に先立たれます。一見すると孤独なひとり暮らしに見えますが、実は桃子さんの分身である「心の声」(寂しさたち)との、賑やかでユーモア溢れる心豊かな日々。好きなことが出来る「自由」を与えられることでもあります。 実年齢よりもかなり高齢(75歳)の...

243.うみたまご (2020-11-10)

 アフリカンサファリへ行ったついでに、別府の「うみたまご」に行きました。雄大な景色が満喫出来る別府湾に面しているので、素晴らしいロケーションを最大限に生かした水族館です。見学者の興味を強く惹くようなダイナミックな展示も多く、工夫が随所にしてあり大変見応えがありました。 私は、30代の頃から別府にあるN病院に入院して病気の治療をしていた関係で、別府は馴染みのある思い出深い場所です。私が入院していた時、...

242.アフリカンサファリ (2020-11-09)

 昔一度だけ行ったことがある「アフリカンサファリ」へ行きました。ライオンのレオとココが、熊本動物園からアフリカンサファリへ移送された時から、いつか必ずアフリカンサファリを訪れたいと思っていました。 広大な敷地内は、山岳動物・熊セクション・ライオンセクション・草食動物セクション・トラセクション・チータセクション・レイヨウセクションに分類されています。動物たちの本来の生育環境を再現し、自然豊かな大変恵ま...

241.花のトンネル (2020-11-08)

 今朝の熊日新聞に「花6万本アーケード包む」という記事が掲載されていました。熊本市の繁華街において、「まち・はなパピリオン」が華やかに開催されていました。 デンマークのフラワーアーティストの箱型オブジェは、鮮やかなピンク系の花々で彩られ、美に対する感性が鋭く、とても新鮮に感じられました。 メインの「花のトンネル」は、長さが20メートルもある作品でした。トンネルの中を鑑賞するための長蛇の列が出来ていた...

240.深まり行く秋 (2020-11-07)

 秋の深まりと共に、花に触れ合う機会がとても増えました。今日は、島田美術館のカフェ「木のけむり」で毎月開催されるフラワーレッスンがありました。あいにく小雨が降っていましたが、少しづつ紅もはじまり紅葉した葉が雨に濡れ、しっとりとして風情が感じられました。「木のけむり」の店頭では、恒例のフラワーマルシェも開催されていました。 11月のフラワーレッスンは、華やかなダリアを中心として全体的に深まり行く秋を感...

239.花の美術館 (2020-11-02)

 早川倉庫で開催中の「花の美術館」を鑑賞しました。フラワーデザイナー(講師)39人による作品展です。昨年、鑑賞した時には大変感動して、昼間と夜間の見え方の違いを感じたくて、2回鑑賞したことを覚えています。 早川倉庫の趣きと風情のある特別な大空間に、大胆な発想で活けられた創造的な作品群。今年も見応えがありました。 作品のテーマを見ると「希望の炎」、「支え合う」、「こころ」、そしてそのものずばり「コロナ...

238.幸せ気分 (2020-11-01)

 サクラマチの結婚式場「ラソール・ガーデン」で、花のワークショップが開催されました。「ラソール・ガーデン」の結婚式場の広い待合室を利用して、日比谷花壇の方が講師をされました。日比谷花壇は以前は日航ホテルの1階に店舗がありましたが、いつの間にか閉店したので寂しく思っていました。 日比谷花壇は、現在は「ラソール・ガーデン」で結婚式場の花を任されているそうです。今は結婚式が殆ど行われない状況なので、結婚式...


過去のスタッフブログ