ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

11.花のある暮らし (2020-01-14)

 今日の熊本市の最高気温は8℃。日中は時折冷たい雨が降り、寒い一日となりました。こんな日は気分がふさぎがちなので、花で気分転換を図ることにしました。 ガーデンには、春を告げる「プリムラ・ジュリアン」を植えました。ピンク色の濃淡の八重咲の可愛らしい花です。ガーデンの雰囲気が一気に春モードになりました。花の世界は、一足早い春が訪れていることを知らせてくれます。 リビングのアレンジは、淡いピンク色のヒヤシ...

10.「パラサイト 半地下の家族」 (2020-01-13)

 カンヌ国際映画祭で、韓国映画として初めて「パルムドール」を受賞した作品です。ポン・ジュノ監督の最高傑作との評価の高い作品です。 物語は、家族全員が失業中で、半地下住宅で暮らす貧しい一家を中心に展開します。長男が、高台にある大豪邸で家庭教師をすることになったことを契機として、家族全員が身分を偽り大豪邸にトントン拍子で就職することになる・・・というユーモアタッチでテンポよく物語はスタートします。しかし...

9.プレミアムライブ (2020-01-11)

 昨日、坂口恭平さんの絵画展を観に行った時、「tsukimi」(ツキミ)のオーナーの奥様から、坂口さんのライブが開催されることを教えて頂きました。心象風景を描いた絵画がなかなか良かったので、坂口さんがどのような方なのか興味が湧き、思い切ってライブに参加してみることにしました。 ライブ会場の「tsukimi」の扉を開けると、すぐに坂口さんが「いらっしゃい」と気さくに声を掛けてくれました。私がテーブルに座ると、偶然、隣りに...

8.太田黒知事一家の休日 (2020-01-11)

 新春恒例の肥後にわかキンキラ劇団「初笑い公演」が、熊本城ホールの2階シビックホール(収容人数750名)にて開催されました。 第一部のオープニングは、沖縄の獅子演舞に続き琉球國祭り太鼓で賑やかにスタート。キンキラ劇団団長のキンキラ陽子さんのユーモア溢れる挨拶の後は、国選択無形民俗文化財に指定された高森にわか(旭向上会)の登場。3人の青年たちによる、タイトル「お坊さんの夢」というにわかが披露されました...

7.うちがわのげんじつ (2020-01-10)

 今朝の熊日新聞に、坂口恭平さんの絵画展「うちがわのげんじつ」が開催中との記事が掲載されていました。開催場所は、南千反畑町の「tsukimi」(ツキミ)というカフェギャラリー&ライブハウスです。「tsukimi」は、白川公園近くにある満月ビルの2階にあります。 展示されている作品の数は多くはありませんが、テーブルには大量の作品が平置きされていました。1点1点丁寧に鑑賞するという方式は、なかなか良いアイデアだと思いました...

6.新しい世界 (2020-01-09)

 デンキカンカフェ(しもやま珈琲)の「珈琲講座」を、初めて受講しました。以前から「珈琲講座」を開講していることは知っていましたが、これまでは仕事の関係上、時間が確保出来なかったので、今回が初参加となりました。 受講にあたって、事前に「珈琲淹れ方体験コース」(90分間)も受講しました。「珈琲淹れ方体験コース」では、①コーヒーの起源、②コーヒーの歴史、③コーヒー器具の変遷、④美味しいコーヒーの淹れ方のポ...

5.夢で会えたら (2020-01-06)

 明け方にみた初夢の中に、久し振りに夫が出て来ました。事務所の打合せ机に、夫の同期の弁護士と妻、そして後輩の弁護士と妻がいます。みんなで犬のことを話題にして話していましたら、夫が私に「出掛けるよ、早く!早く!」と、どこかに出掛けようとしているらしくて、私を強くせかします。私は犬の話しに夢中になっていて、気がつくと夫の姿はありませんでした。 しばらくすると、夫が吹抜けの薄暗い正方形の半地下で、寝ている...

4.大草原の凧揚げ (2020-01-04)

 正月三が日は過ぎたので、心持ちを新たにしようと思い立ち、護国神社と加藤神社で初詣をしました。ふたつの神社は同じ二の丸の敷地内にありますが、賑わいが全く対照的でした。護国神社は閑散としていて。、初詣の賑わいが感じられず静かでした。加藤神社へ行くと、物凄い人出で活気に満ち溢れていました。「健やかな一年でありますように」と「世界平和」を、心を込めて祈りました。夫がいつも「世界平和」を祈願していたので、夫...

3.「男はつらいよ お帰り 寅さん」 (2020-01-03)

 国民的人気映画シリーズ「男はつらいよ」。第1作目の公開から50周年を記念する、第50作目となる最新作をデンキカンで鑑賞しました。夫は、昔から寅さんの映画が大好きでした。東京に住んでいた頃、ふたりでお正月に熊本に帰省すると、必ずデンキカンで寅さんを観ていました。その頃のことを懐かしみながら、デンキカンで鑑賞しました。 新作では、寅さんの甥っ子の回想シーンの中に、溢れんばかりに寅さんや美しいマドンナ達...

2.福 豆 (2020-01-02)

 今日は朝一番で、新年初めてのコーヒーを、ハンドドリップで丁寧に淹れました。コーヒー豆はデンキカンカフェ(珈琲しもやま)の毎年恒例の「福豆」(ニカラグアパカマラ)です。コーヒー豆が大粒で、チョコレート色に艶々と輝いています。福豆に添えられたカードには「しなやかな光、幻想的に輝く香り、荘厳な新春にふさわしい」という、お正月に相応しいメッセージが添えられていました。 縁起物の初物のコーヒーを、夫にも供え...


過去のスタッフブログ