スタッフブログ

坂本秀德法律事務所の最新のスタッフブログが チェックできます。

200.さようなら、愛車よ・・・ (2018-11-12)

 坂本弁護士が亡くなった日(9月29日)は、車は菊陽町原水の広い駐車場に停車したままでした。翌日(9月30日)の朝一番に、弟ふたりが菊陽町原水まで行き、車を引きあげて来ました。長い間、ずっと事務所の前にある駐車場に、車は停車したままでした。毎朝、事務所のブラインドを開けると、目の前に見える愛車を眺めては複雑な思いを抱いていました。 昨年末に新車が販売されるのを待ち望み、新車が販売されるとすぐに購入を...

199.映画への旅「ボヘミアン・ラプソディ」 (2018-11-11)

 1970年代から1980年代に活躍した人気ロックバンド「クイーン」の名前や、ヒット曲「ボヘミアン・ラプソディ」のサビのメロディは知っていましたが、詳しいことについては全く知らないまま映画を観たので、とても興味深くて面白かったです。 「クイーン」のメインボーカル、フレディ・マーキュリーが移民であったこと、歯の矯正をしていなかったことでマスコミから侮蔑的な言葉を投げ掛けられたこと、私生活を興味本位で暴...

198.いま石牟礼道子をよむ (2018-11-10)

 11月10日(土曜日)、午後7:00からデンキカンにおいて「いま石牟礼道子をよむ」というタイトルのイベントが開催されました。登壇者は、詩人の伊藤比呂美さん、詩人の高橋睦郎さん、小説家の三浦しをんさんです。遠く福島をはじめとして、伊藤さんが現在、早稲田大学の教授をされている関係で東京から学生が来ているとのことでした。熊本県外からの来場者やマスコミ関係者の多さから、大変注目度の高いイベントなのが分かり...

197.「お別れの会」開催 (2018-10-31)

 本日、弁護士 坂本秀徳の「お別れの会」をホテル日航において開催致しました。午後5時30より午後6時まで、おひとり様1本の白いカーネーションを手にして、会場内の中央に設置されました献花台に献花をして頂きました。 会場内に入場しますと、写真集と写真展を開催した時のアルバムをご自由にご覧頂けるように致しました。写真集やアルバムを懐かしそうにご覧になって、涙ぐまれる方もいらっしゃいました。 大きなパーテーショ...

196.追悼記事 (2018-10-30)

 今日の熊本日日新聞(朝刊)に、坂本弁護士の追悼記事が掲載されました。記事を担当されましたのは、坂本弁護士が熊本県弁護士会会長に当選した時、取材をして下さったK記者です。K記者は笑顔が印象的で、とても気さくな方だったと記憶しています。 当時、取材を受けながらK記者が自ら撮影された写真が、今回掲載されていました。終始、和やかでリラックスした中、柔らかな笑顔を浮かべる表情からは、いつもの坂本弁護士らしい...

195.予 告 (2018-10-24)

 月日の経つのは早いもので、弁護士が亡くなってから今日で26日目となります。弁護士の葬儀を終えた翌日から、仕事の引継ぎ作業、「お別れの会」の準備作業、ご弔問客への対応等で、スタッフ全員、朝8時から夜9時まで一生懸命、無我夢中で仕事を行う日々が何日間も続きました。 以前、当事務所のスタッフだった方々や、他の事務所のスタッフの方にもお手伝いに来て頂いて、何とか仕事の引継ぎ作業を無事行うことが出来ました。...

194.ご報告 (2018-10-02)

 弁護士 坂本秀徳は、9月29日午後6時34分、逝去致しました。 大津中学校の同窓会へ出席するために、大津エアポートホテルへ向かっている最中に体調が急変し(菊陽町原水辺り)、自分で救急車を呼び(午後5時19分)、病状の説明もしっかりしていましたが、国立病院へ搬送される途中、突然心肺停止(午後5時50分)となりました。国立病院救急にて心臓マッサージを致しましたが、午後6時34分に逝去致しました。 予期...

193.樹木希林を生きる  (2018-09-27)

 昨日、NHKで「樹木希林を生きる」という特別番組が放送されました。樹木希林さんは今月(9月15日)逝去されましたが、NHKが去年から亡くなられる直前まで、1年間に亘り長期密着取材をしていました。  番組を担当されたNHKの木寺ディレクターと希林さんとは、福岡でのドラマ制作を通じて知り合ったことが紹介されました。希林さんが「この1年で4本、映画撮るからカメラ持ってこない」と、木寺ディレクターに声を掛けたこ...

192.寒暖差 (2018-09-25)

 今週のアレンジは、メインはクリーム色が鮮やかなバラ・花びらが幾重にも重なり美しいカーネーション・オレンジとクリームのミックス色のエビデンドラム・クリーム色の小振りなカラー・クラスペディアはボール状の花姿から「ドラムスティック」または「イエローボール」とも呼ばれ、軽やかで弾むような動きが感じられます。オンシジュームがアレンジ全体に華やかさを添えています。そして、ヒペリカムとキビが、豊かな実りの秋を連...

191.魔都の鼓動 (2018-09-23)

 9月22日(土曜日)から熊本市現代美術館において、「魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム」が開催されました。美術館の外壁に掲げられた懸垂幕に描かれたインパクトのある作品を観て驚き、是非観てみたいと思い開催を心待ちにしていました。中国上海では上海万博の跡地を中心としてアートシーンが活況で、巨匠から新世代の若手まで計13組の作家の20点の作品が展示されていました。 会場内に入るとすぐに、懸垂幕に...


過去のスタッフブログ