スタッフブログ

坂本秀德法律事務所の最新のスタッフブログが チェックできます。

218.バブルラップ (2018-12-16)

 楽しみにしてた「バブルラップ」展が開催されたので、昨日観に行くと美術館には長蛇の列。世界的に有名な村上隆さんのトークショーが午後2時から開催されるということで、トークショー開催1時間前の時点で、すでに満員という状況でした。熊本で村上隆さんのお話しを直接聞けるというのは、今回が初めてではないでしょうか。大人気なのも頷けます。 私はトークショーは諦めて、館内の村上隆さんのコレクションの数々をゆっくり鑑...

217.映画への旅 「斬、」 (2018-12-15)

 映画「斬、」は塚本晋也監督が、おひとりで監督・脚本・編集・製作・撮影・音楽編集・俳優の7役をされています。 全編、非常にリアルで緊張感のあるシーンが連続します。敢えて様式美に捉われずに、現在的な言葉で淡々と静かに交わされる会話にしたことが、映画の奥深くにある反戦のテーマがより強調され効果的でした。 映画上映後、塚本晋也監督のトークショーが開催されました。政木ゆかさんの軽妙な司会により、笑いの多い楽...

216.祈りスペシャル (2018-12-14)

 大変遅くなってしまい申し訳ありませんが、お別れの会に出席して頂いた方に心ばかりの品を贈らせて頂いています。 デンキカンカフェ・珈琲しもやまさんのアイデアとご厚意によりまして、「祈り」スペシャルブレンドと、山が好きだった坂本弁護士を偲んで、「エメラルドマウンテン」をチョイスして下さいました。   特製タンブラーは、坂本弁護士が撮影した写真を使用しています。女性にはハスの花バージョン、男性には雲海バー...

215.幸せを届けてくれる存在 (2018-12-13)

 今朝の熊日新聞に「今年のヒット商品」として、ソニーのアイボに関する記事が掲載されていました。記事を読みますと、アイボの癒やし効果について書かれていましたので、大変興味深く読みました。 私も坂本弁護士が急死してから、夜になると気持ちが沈みがちで寂しくて仕方がありませんでした。子供の時に土佐犬を飼っていたことがありますので、以前からペットショップで犬を眺めるのが好きだったので、犬を買うことも一時は真剣...

214.気づき (2018-12-11)

 11月末日に喪中ハガキを送付しました。喪中ハガキを見て、坂本弁護士が急逝したことを初めて知って驚かれたという方から、お心のこもったお便りや美しいお花などを頂きました。また、弔問にお見えになられる方もほぼ毎日のようにいらっしゃいます。 急逝した直後の約1カ月間は、泣きながら弔問にいらっしゃる方が大変多かったのですが、現在は急逝してから時間も随分経過していますので、静かに偲ぶという雰囲気の弔問に変化して...

213.映画への旅 「ガンジスに還る」 (2018-12-02)

 「ガンジスに還る」は、自分の死期を悟った父が息子と共に「バラナシ」にある「解脱の家」に滞在して、父が亡くなるまでの息子の複雑な心の葛藤などを織り交ぜながら描いています。 インドでは死期を悟った人たちにとって、死を受け容れ迎える心の準備期間はとても大切なことが分かります。しかも、ガンジス河に面した地「バラナシ」で過ごす日々は、最高に幸せな日々でもあります。 インドでは葬儀の時、鮮やかな黄色やオレンジ...

212.みんな主人公 (2018-12-01)

 今年も「熊フェス」が花畑広場にて、華やかに開催されました。昨年初めて見てとても面白かったので、今年も見学して来ました。 新市街のアーケードの中央に、変身ブースが設置されているので、誰でも気軽にコスプレを楽しめるようになっています。市電が走る線路を往来する時、コスプレした集団とすれ違いビックリします。 コスプレの完成度が高かったり、雰囲気作りが上手な人には、カメラマンが次々に押し寄せて、いつまでも撮...

211.幸せを運ぶ (2018-11-28)

 今日は、数年前によくご相談にお見えになっていたFさんがお参りに来て下さいました。時々、街中で偶然お会いする機会もありましたけれど、その後もお変わりなくお元気そうな様子でしたので安心しました。 クリスマスシーズンも近いことから全身がキラキラ光り輝く「トナカイ」をプレゼントして下さいました。トナカイが「幸せを運んできてくれますように。」と願いを込められたそうです。 Fさんは、これまではいつも事務所の写...

210.紅葉見物 (2018-11-25)

 旧細川刑部邸の庭園が、11月17日から12月2日まで解放されていますので、夕方見学して来ました。入口にある銀杏の大木は、残念ながらすでに見頃が過ぎていましたが、庭園内の紅葉は丁度見頃を迎えていました。 昨年よりもライトや竹灯籠などの数がスケールアップしているようでした。わざわざ遠くまで行かなくても、熊本市内で気軽にこんなに美しい紅葉を観ることが出来るなんて、本当にありがたいです。ライトアップは28...

209.どもりでよかったかな? (2018-11-24)

 熊本言友会主催の「第8回 くまもと吃音のつどい」が、熊本保健科学大学で開催されました。初めて訪れた保健科学大学は、崇城大学の先を左折した静かな場所にありました。50周年記念館という広い立派なホールは、吃音に悩む若い人たちが大勢来ていて関心の高さを感じました。福岡のテレビ局も取材に来ていました。 シンポジウムは、「メガネのヨネザワ」の米澤社長の「希望は必ず実現する」というテーマでの体験談が披露されま...


過去のスタッフブログ