ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

21.「リチャード・ジュエル」 (2020-01-28)

 「リチャード・ジュエル」は、今年90歳になるクリント・イーストウッド監督の最新作で実話です。爆破テロ事件で、称賛され英雄視されていた主人公(リチャード・ジュエル)が、一転してFBIから不当な捜査を受け、冤罪事件の被害者に仕立て上げられそうになる、恐怖の真実の物語です。正義を振り翳した新聞社やテレビ局の虚偽の過熱報道の恐怖などが、非常にリアルに描かれています。 俳優陣の熱演が大変素晴らしく、特に映画の終...

20.視点を変える (2020-01-27)

 お気に入りのインテリアショップで見つけた、小さくて軽量のシンプルな台座。花瓶を置いてみると、少し高さがあるだけで、花の見え方が違ってきます。食卓テーブルの上に置くと、丁度、視線の先にあるので、気分が華やぎます。ちょっとした工夫で、いつもの暮らしに小さな変化が生まれます。 いつもは大好きな淡いピンク系の花を生けていますが、今回は艶やかでシックなラズベリー系のチューリップを中心に、ふんわりと柔らかな雰...

19.早春スケッチ (2020-01-26)

 毎月末の「花の会」が、泰勝寺のお茶室において開催されました。今日は、時折小雨が降るあいにくのお天気でしたが、今しか味わえない季節感を満喫したくて、思い切って出掛けることにしました。 お茶室に生けられた花は、芽吹いたばかりの雪柳、クリスマスローズの蕾、少しだけ咲き出している梅・・・などが生けられていました。花器は趣きのある竹や骨董の味わい深い壺が使用されていました。 私がクリスマスローズの蕾を眺めて...

18.午後の保健室 (2020-01-23)

 毎年恒例の「新春寄席」が、県立劇場において開催されました。第一回目から連続で出演されている柳家小三治さん(人間国宝)が、昨年末めでたくも80歳を迎えられたそうです。 昨年は小三治さんは絶好調で、乗って噺しているのがよく分かりました。今年は枯れた味わいのある話し方でした。間のとり方がちょっと長くなり、心配になる時が何回かありました。声の張りも、明らかに弱々しくなっているように感じられました。人情噺を...

17.花あそび (2020-01-21)

 現在、Eテレで放送中の趣味どきっ「花と暮らす」という番組が面白くて、毎週録画して、興味深く観ています。日々の生活の中で花を生ける時、参考になる点が多々あります。 先週は、自然に乾かす「干し花づくり」がテーマでした。番組では、籐の平たいザルに、花びらが落ちてしまう前のダリアを載せていました。こうすると、干し花になる過程も毎日楽しむことが出来ます。番組の中では、干し花が完成してから、ガラスの透明な容器...

16.THE NEWSPAPER (2020-01-20)

 政治・経済・事件・芸能など、あらゆる情報を笑いにするコントグループ「THE NEWSPAPER」(ザ・ニュースペーパー)。毎日変化するニュースを瞬時に取り上げて、優れたコントとして演じる手腕は、本当にお見事です。熊本地震発生以来、毎年熊本で公演するようになったので、お正月恒例のライブとして定着した感があります。 毎年鑑賞していると、メンバーそれぞれの持ちネタが練り上げられて、完成度が高くなっているのを感じます。松...

15.「家族を想うとき」 (2020-01-18)

 主人公の夫は、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立して、1日14時間という過酷な労働をしています。つねに時間に追い立てられ、極度の疲労とストレスに晒されています。妻も介護福祉士として、非常に多忙な日々を過ごしています。家事を満足に行う、時間的余裕が全くありません。 はじめはごく普通の幸せそうに見えた家族ですが、少しづつ歪みが生じて行き、次第に家族それぞれの心がすれ違って行きます。一事は、いつ家...

14.ぼくのつくったもの展 (2020-01-17)

 坂口恭平さんの「ぼくのつくったもの展」が、長崎次郎書店(新町)の店内にあるギャラリーで開催中です。坂口さんは、本日から新刊本「まとまらない人」のキャンペーンと歌のライブツアーがスタートしているので、ギャラリーの展示は、当初の予定よりも早くスタートしています。  絵画・革靴・陶器・ガラスの花器・製作途中のギター・手編みのセーター・織物の他に、坂口さんのお子さんが制作した作品なども展示されていました。...

13.輝く子どもの世界 (2020-01-16)

 美術館分館で、「輝く子どもの世界」展が開催中です。アトリエ・パレットに通う、幼児から小・中学生100人の絵画や立体(木工・陶芸)の作品が600点展示されていました。 入口に展示されていた作品は、平成学園の生徒による共同作品です。細長い絵巻物のような作品で、数名でひとつの作品に取組んでいて、自由な発想が感じられました。かなり高い位置からフロアのギリギリまで、多数の作品が展示されているので圧倒されまし...

12.音楽療法 (2020-01-15)

 今年初めて、みこころ病院の体験ボランティアに出掛けました。昨年末に2回訪問して、ボランティアの方々の仕事振りを見学させて頂きました。今回は3回目の訪問になるので、自分から積極的にお手伝いをさせて頂きました。 ボランティアの仕事の内容は、曜日や午前と午後でも変わってきます。水曜日は音楽療法のボランティアがあると、シスターから聞いていたので楽しみにしていました。 午後3時がお茶の時間になっています。各...


過去のスタッフブログ