ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

257.トナカイツリー (2020-12-05)

 毎月1回のフラワーレッスンが、島田美術館に併設されているカフェ「木のけむり」で開催されました。今回は、真っ赤な鉢に金色のトナカイの顔のレリーフがあるゴージャス感がある花器に、クリスマスツリーを生けました。 最終的にツリーの全体の形が三角形になることを意識しながら、葉物を1本づつ丁寧に生けてゆきます。この作業が案外手間取り、時間を要しました。ツリーが完成すると、色とりどりのオーナメントを、全体のバラ...

256.ポートレート (2020-12-02)

 島田美術館で開催中の「青像グループ写真展」を鑑賞しました。「青像グループ」は、1960年(昭和35年)に発会した、大変歴史のある人物写真研究グループです。名前の由来は、若手集団(青年たち)による若く自由な作品の研究と、これからの人物写真の探求を目標に活動しているそうです。基本に真摯に忠実に対象に肉薄し、そこから本質や内面を見つめ直して、自分を磨くことこそ王道だとしています。9名の会員が、伝統を守り...

255.2コマに挑戦 (2020-12-01)

 熊日イラスト&まんが教室の第2回目。前回はひとこまのイラストでしたが、今回は2コマの作品を自由に描きました。その前に、突然亀田の煎餅が配られ、包装されている丸い煎餅に、好きなイラストを描いて下さいと言われました。私は、不意にマルル(ホッキョククマ)のことが思い浮かんだので、マルルの丸っこい体・魚・月・氷を描きました。 私の後ろの席の方と、唯一の男性の生徒さんが、アンパンマンの顔を描いていました。す...

254.いけばなの魅力 (2020-11-28)

 福田病院に隣接する地域文化交流館「寿心亭」において、「再発見!!いけばなの魅力」展が開催中です。「寿心亭」は、熊本地震で全壊した料亭「新茶屋」の跡地に建てられた、美しい庭園がある日本家屋です。先月完成したばかりの素晴らしい施設での生け花展ということもあり、大勢の来訪者で大盛況でした。 生け花は「草月流」で、約30点ほどの作品が展示されていました。会場内では、各季節ごとの花、お祝いの花、オフイスに飾...

253.ただ、今を生きる (2020-11-27)

 11月も残すところ数日となりました。今年、私にとっての最大の出来事は、「ネコ」と触れ合えるようになったことです。幼少期からネコが大の苦手で、これまでずっと「この世で一番苦手なものはネコ」でした。でも、何故か、苦手なものに挑戦して克服してみたいという気持ちが強く芽生えました。11月、ドキドキしながら、勇気を出して保護ネコカフェ「かごにゃん」に行きました。恐る恐る正座すると、直ぐにネコが私の膝の上に座...

252.山本太郎さん (2020-11-26)

 お昼過ぎ、上通の街頭で誰かが演説していました。近くで確認すると「れいわ新鮮組」の山本太郎さんでした。 1カ月間に亘り、日本全国を巡っているそうです。タレント出身だけあって、聴衆に訴え掛ける話術は非常に優れています。聴衆ひとりひとりの顔をしっかり見て、よどみなく話します。聴衆が共感しやすい分かり易いテーマについて、熱く語り掛けます。 聴衆の年代は若い方からご高齢の方まで、年齢層が幅広いという印象を受...

251.ムーミンの彗星 (2020-11-23)

 熊本市現代美術館の月曜ロードショーは、北欧シネマ特集の第一弾として、アニメーション「ムーミン谷の彗星」(日本、62分)が上映されました。これまでは美術館の図書館で上映されていましたが、今回は5階のアートロフトを上映会場として、事前申込み制となっていました。 図書館で上映していた時は、お隣りが幼い子供たちの遊技スペースだったので、騒音が酷くて映画に集中出来なかったのですが、5階のアートロフトは静かで...

250.踊る美術館 (2020-11-21)

 秋のお城まつりの一環として、熊本県立美術館で「ナイトミュージアム」と題して、「踊る美術館 ♫~ラテンダンスの世界へようこそ!」という初企画が開催されました。 ダンススタジオ「ハピネス」を主宰されている、坂田吉総さんと 坂田美千子 さんご夫妻による、ラテンダンスの本場キューバで学んだ、本格的なラテンダンス(ライセンスA級)が5種類披露されました。私は昔、坂田先生にダンスを指導して頂いたことがあります。坂...

249.アラン・ローゼンさん (2020-11-21)

 来年日本でオリンピックが開催予定されていることから、ラフカディオ・ハーン(小泉 八雲)の書簡から読み解く、「ハーンとスポーツ」と題する講演がパレアにて開催されました。主催は、熊本八雲会と熊本アイルランド協会です。講師はアラン・ローゼンさん(熊本大学五高記念館客員教授)。アラン・ローゼンさんは、つい先日まで熊日新聞の「私を語る」コーナーで連載をされていました。ユーモアのある語り口にすっかり魅了され、...

248.「浅田家!」 (2020-11-19)

 ずっと気になっていた映画「浅田家!」を鑑賞しました。写真集「浅田家」で「 木村伊兵衛写真賞」(2008年度)受賞した写真家の浅田政志さんの写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案とした、実話を映画化しています。監督・脚本は中野量太さんです。 主演は「嵐」の二宮和也さん(弟)・妻夫木聡さん(兄)・平田満さん(父)・風吹ジュンさん(母)。ユーモアがありほんわかした雰囲気の浅田家の家族関係が、大変好感が持て...


過去のスタッフブログ