209.紅葉とシクラメン 2019/11/06 (水)

 熊本では、山の紅葉が見頃を迎えようとしているようです。
5日付けの新聞には、根子岳の紅葉や、マゼノ渓谷の紅葉の記事が掲載されていました。
夫がいたならきっと瞳を輝かせ、週末まで待ちきれずにソワソワしていたことでしょう。


 紅葉の時期は、日一日と紅葉が進みますし、天候にも左右されます。
週末に丁度いい具合に見頃のピークとなるかどうかは分かりません。
夫の場合は、大体週末まで待ちきれずに、平日の早朝から阿蘇に撮影に行っていました。
今の時季の阿蘇は朝方の冷え込みが厳しいので、よく風邪をひいて体調を崩していました。
それでも紅葉の美しさに魅せられて、熱心に写真撮影をしていました。
私は、今では山の紅葉を見る機会がなくなりましたが、
時々撮影に同行していた頃の景色が、懐かしく思い出されます。




 近所のフラワーショップに、色とりどりのシクラメンが沢山並んでいました。
ポインセチアも並んでいたので、早くもクリスマスの雰囲気となっていました。
新居のガーデンも気分を変えて、秋冬バージョンに模様替えしました。
ガーデンは、陽射し・風・温度などが最適で、草花にとって大変居心地が良いようです。
ラベンダーがいつまでも枯れることがなくて、生き生きとして伸びやかです。
マムも花が枯れると毎日丁寧に摘み取っているので、すぐに次々に花が咲きとても元気です。


 草花にとっても、居心地の良い場所で生きることが出来るのは幸せなことでしょう。
毎日のお手入れを手を抜かないで、愛情を込めてすることにしましょう。
「美しく咲き続けて、私を楽しませてね」と願いを込めて。