110.夏のミニガーデン 2019/07/11 (木)

 フラワーショップの店頭に飾られていたカラフルな花コショウと、
色とりどりの可愛らしい日日草に心惹かれ、我が家のミニガーデンに仲間入りしました。


 ガーデンの中でもひと際存在感のある紫陽花は、元々は美しいピンク色と赤色でした。
それが、日が経つにつれて色がすっかり変わってしまいました。
京町に住んでいた時は陽当りが良過ぎて、紫陽花はすぐに枯れてしまっていました。
現在の住まいは、植物には最適な陽射しなので、紫陽花も元気にしています。


 花コショウは、今の時期はすっかりお馴染みの花です。
真夏の暑さにも耐え抜くだけの強さがあります。
また、見た目がとてもカラフルなので、陽気で楽し気な雰囲気が漂います。
日日草のたくましさからは、たくさんの元気を与えてもらえそうです。


 京町のガーデンと比べると、現在のガーデンはとても小さなガーデンですが、
私が花たちへ向ける愛情は、依然と全く変わることはありません。
毎朝、たっぷり水遣りをして、それぞれの花の状態を観察して、丁寧にお手入れをしています。


 花も生きていますから、一日でも手を抜くとすぐに萎れたり枯れてしまいます。
私が育てる花たちは、私の心の状態を繊細に感じ取るのです。
大切に、愛おしみながら、ともに暑い夏を乗り切りましょうね。