50.花吹雪 2019/04/07 (日)

 今年は寒の戻りなどもあり桜が長く楽しめましたが、そろそろ桜が散り始めています。
今日は時折、風が吹くたびに桜の花びらが舞い散り花吹雪となり、とても風情がありました。


 桜の季節に別れを告げようと思い、賑やかな二の丸公園を通り抜けて、
二十数年振りに三の丸公園へと向かいました。
喧騒から離れて静かに桜の季節との別れを惜しみたかったのですが、
お隣の藤崎台球場で野球の試合中だったので、応援の音が響き渡り賑やかでした。


 三の丸公園の中央には、熊本地震で崩落した石垣が並べられていて、何とも異様な光景でした。
熊本地震前の三の丸公園は、立ち寄る人も少なくて、何もない自然のままなのが魅力でした。
久し振りに見た、あまりにも変わり果てた無残な光景に愕然としました。


 今日は前回とは違う夫の写真を持参して、写真を撮影しました。
夫は桜が満開の時も好んで撮影しましたが、桜が散った風景を撮影するのも好きでした。
今回も夫が好きそうな感じのところを選んで撮影しました。
散り椿もありましたので、これは必ず撮らなくてはと思い撮影しました。


 三の丸公園には、息子が幼い頃お世話になった保育園が隣接しています。
園庭の奥にはこいのぼりが風にそよぎ、満開の桜の木と菜の花も咲いて春らしい景色です。
保育園の名物の急な坂を歩いていると、いろんな懐かしい思い出が蘇って来ます。
ゆっくりと懐かしみながら歩きました。