18.邪気払い 2019/02/02 (土)

 昨日、デンキカンカフェの珈琲しもやまさんからメールがあり、
本日開催される「極上 善哉」の会へのご案内がありました。


 以前は年に数回、和菓子職人かおりさん特製・季節の和菓子とコーヒーのコラボ企画がありました。
しかし、かおりさんがご結婚されて宮崎在住となったことや、その後出産を経て育児に専念されて多忙だったため、
残念ながら長い間、かおりさんの和菓子を頂く機会がありませんでした。
今回の企画は本当に久し振りだったので、私も大変楽しみにしていました。


 今回もかおりさんらしいこだわりが随所に溢れていました。
まずは、主役である上質な小豆を備長炭で2時間程丁寧に火にかけ、小豆の芯までふっくらと炊きあげます。
ちなみに、備長炭はかおりさんのご主人が作られたそうです。
甘さは氷砂糖を使用しているのでスッキリとしていて、後味の良い品の良い甘さになっています。
善哉には餅ではなく、あられが入っていて、さらに金箔も添えられ極上感が演出されていました。
そして、程よく炒られてカリッとした食感で味わい深い大豆と、滋味深い山椒味噌が添えられていて、
善哉との味のバランスもよく、全体的な味わいのよいアクセントとなってました。


 善哉は、かおりさんのご実家のおばあちゃん所有の特別感のある漆器によそられていました。
普段使いではなくて、特別な時だけに使用するお気に入りの漆器とのことです。
美しい漆器の絵柄を愛でる楽しみも格別です。


 いつも笑顔を絶やさず、爽やかな印象のかおりさん。
かおりさんから教えて頂いた小豆が昔から邪気を祓うと言われているという話や、
善哉の素材にこだわり、素材を大切にした丁寧な作り方などを聴いていると、
細部にまでこだわり抜いた職人気質なのがよく分かります。
かおりさんが精魂込めて作った美味しい善哉を頂けて、心がほっとして幸せな気分になれました。