100.「ファーザー」 2021/05/24 (月)

 映画「ファーザー」で、2度目のアカデミー賞主演男優賞を受賞したアンソニー・ホプキンス(83歳)。
「ファーザー」は アンソニー・ホプキンスの長い俳優人生において、最高の名演技であるとの評価が高い作品です。
「ファーザー」は主人公の認知症の症状を、主人公の立場から描くというスタイルをとっています。
映画を観ている人をとても困惑させ、ときに不安な気持ちにさせます。一体何が現実で、何が妄想なのか、
曖昧で混沌とする主人公の気持ちと同じような気分を味わい、懸命に真実を見極めようとする私の心は攪乱されます。


 映画を鑑賞しながら、この映画の着地点は・・・などと思い始めていた頃、映画のラストシーンは
とても穏やかで安らかに、心を優しく包み込まれるようにして静かに終わります。
この映画のラストシーンには温かな希望が感じられ、心の平安を与えてくれます。


 認知症をテーマにした映画は、これまでにも何本も観たことがあります。しかし、「ファーザー」
のように認知症の主人公の視点で描き切った映画は、これまでなかったように思います。
まるでサスペンス映画を観ているかのような、ハラハラドキドキ感がありました。
名優アンソニー・ホプキンスの人生最高の円熟した圧倒的な演技が光り、魅了されました。