77.新しい街「アミュー」 2021/04/24 (土)

 熊本駅ビル「アミュー」がオープンしたので、見学して来ました。
ここ数日、テレビや新聞で毎日のように「アミュー」のことが、大きな話題となっています。
熊本駅に大型商業施設が開業するとあって、鶴屋デパートやサクラマチの魅力が薄れたように感じます。



 「アミュー」に入館するとすぐに、吹き抜けの館内の壁面を流れ落ちる滝の音が聞こえてきました。
音や光を駆使した洗練された「遊び心」が感じられるような工夫が、随所にさり気なくなされています。
通路がゆったりと確保されていて、一直線に進行しながら各テナントを眺められるので、分かり易いレイアウトです。
ゆっくり散策していると、何階のどの場所に何があるというのは、すぐに把握出来るようになっています。



 テナントの洋服店は、若者をターゲットにした構成となっています。車の免許がない私は、郊外にしかない
ユニクロに数回しか行ったことがなかったので、自宅から徒歩で行ける場所にユニクロがあるのは本当に便利です。
「アミュー」は「食」が充実していると感じました。魅力的な店が多く、商品も豊富です。フードコートも充実
していますし、レストラン街は国際色豊かに取り揃えています。鶴屋デパートが色褪せて見えてしまいます。
鶴屋デパートは長い間、競争相手が全くいない「独り勝ち」の状態が続きましたが、今後は思い切った大改革
をしないと、これまでのように安泰とは行かないような気がします。私は「アミュー」を見学しながら、
何故かしら鶴屋デパートのことばかり心配していました。よい刺激となって、よりよく変化するのは大歓迎です。
「アミュー」は福岡まで行かなくても、熊本で十分満足して楽しめる新しい場所として愛されることでしょう。



 私が熊本に移住して37年。初めて熊本駅に行った時、駅前の寂びれた殺風景な景色に大変驚きました。
今はもう昔の面影はまったくありません。熊本の副都心という言葉に相応しい、新しい街が誕生しました。