71.「佐々木、イン、マイマイン」 2021/04/18 (日)

 今日は、熊本復興映画祭の最終日。映画「佐々木、イン、マイマイン」(2020年製作)は、
昨年上映された時、大変評価が高かった作品ですが、私は残念ながら見逃していた作品でした。
今回鑑賞することが出来て、大変有難く嬉しかったです。



 「佐々木、イン、マイマイン」は、「佐々木」を演じた俳優の細川岳さんの高校時代の忘れられない
同級生のエピソードを原案にした青春映画です。映画は後半部分からラストシーンまで、
一気に物凄い熱量で駆け抜けて行きます。予想外のラストシーンに仰天し、感情が大きく揺さぶられました。
映画を観終わった後も、心の中で「佐々木コール」がいつまでも鳴り止まない、胸が熱くなる映画でした。



 映画上映後、ティーチインに参加された内山拓也監督は、現在28歳。スタイリスト出身という異色の経歴で、
洗練されたお洒落な若者といった雰囲気です。元々人気歌手のミュージックビデオも手掛けていたことから、
感性がとても鋭いという印象を受けました。行定勲監督とのトークでは的確な話し方をされる方で、
言葉に一切迷いがなく、確固たる信念を持って映画製作をされていることがよく分かりました。
才能豊かな若い監督の将来が楽しみです。次回作にも大注目!