69.「JUNK HEAD ジャンク・ヘッド」 2021/04/18 (日)

 「JUNK HEAD ジャンク・ヘッド」は、たったひとりで製作期間7年間をかけて制作された、話題のSFストップモーションアニメです。
今日は一般上映に先駆けた先行上映であることと、上映後に堀貴秀監督が登壇してトークをされるので、早朝から整理券が配布され
長い行列が出来ていました。デンキカンでは珍しく若い観客の姿も数多く見受けられ、人気の高さが分かりました。


 これまで観たことがない、斬新な新しい表現方法のストップモーションアニメの世界観に惹き込まれました。
効果的な音楽センスに痺れ、すべてのキャラクターのユニークさに魅了され、抜群のユーモアセンスに感心しました。
エンディングで、監督・原案・キャラクターデザイン・編集・撮影・照明・音楽・声優とすべてを堀貴秀監督が担当し、
堀貴秀監督の名前が数えきれないほど列挙される様は圧巻でした。傑出した物凄い豊かな才能溢れる映画作家の誕生です。


 堀貴秀監督は、40歳の時「これが最後のチャンスだ」と思い映画製作をスタートし、「踏ん張りました」とのことです。
「決して諦めないことが大切だ」と語っていました。「JUNK HEAD ジャンク・ヘッド」は、はじめから3部作として製作していて、
すでに絵コンテが完成している状態とのことです。今回公開した映画がヒットして製作資金の目途がついたら、すぐにでも製作
出来るそうです。ストップモーションアニメは手間暇がかかるので、次回作が完成するのは数年後でしょうか・・・。
是非、次回作も観てみたいです。今回公開された作品が、大ヒットすることを祈願致します。