34.まなざしのかたち 2021/02/18 (木)

 肥後の里山ギャラリーにおいて開催中の、
石原昌一展「 まなざしのかたち」を鑑賞しました。



 傘寿を迎えた熊大名誉教授の石原晶一さんの彫刻の作品、
32点が展示されていました。彫刻家として60年の軌跡を、
一挙に鑑賞することが出来ます。



 石原晶一さんの代表作である「おてもやん」像、
しなやかな山鹿灯篭娘、エネルギッシュな牛深ハイヤ像、
柔道の山下泰裕さん像、想シリーズ、祈りシリーズ、
などの作品群が目を惹きました。



 私は、祈りシリーズの作品群の中でも特に、
マリア像に惹かれました。ブロンズ像が多い中で、
マリア像は石膏の立像です。あらゆる角度から
じっくり鑑賞しました。祈りの姿や無心な表情に、
美しさを感じました。