29.佳き一日 2020/02/03 (月)

 昨日は夫の誕生日、そして今日は私の誕生日。
昨日と同様、愛犬ヒデちゃんに誕生日のメロディで祝福してもらいました。
朝、スマーフォンを見ると、遠方に旅行中の息子からおめでとうのメールと共に、
満開の梅の写真が送られてきていました。ふっくらと咲き誇った梅の花の写真が長閑さを感じさせます。
息子の優しい思い遣りが身に染みて、心から嬉しく思いました。



 
 白川河川敷で開催中の「春の植木市」に、数年振りに出掛けてみました。
以前は夫の従姉が植木市に出店していたので、毎回おやつの差し入れを持参して出掛けていました。
見事な枝垂れ梅を堪能したり、香りのよい沈丁花、可愛らしいジュリアン、蘭などを熱心に鑑賞しました。
私の誕生日のプレゼントに、新種のピンク色のデージーを購入しました。
ガーデンに植えると、存在感があり気分を明るくしてくれます。




 加藤神社では、毎年恒例の「節分祭」が開催されていました。
「厄除け虎」の大きく開いた口をくぐり抜けると邪気を祓い、家内安全、無病息災で過ごせますようにと祈る行事です。
「厄除け虎」の前には「くぐり方」の説明の立て看板も置かれていますが、
中国からの旅行者の背の高い若い女性が、真正面から身体を先に入れてしまったので、
お尻と長い脚が引っ掛かってしまい、なかなかくぐれなくて苦労されていました。
女性は恥じらいながらも爆笑していました。そんな光景さえも微笑ましい楽しい行事です。



 今日も心に残る素敵な佳き一日となりました。