250.踊る美術館 2020/11/21 (土)

 秋のお城まつりの一環として、熊本県立美術館で「ナイトミュージアム」と題して、
「踊る美術館 ♫~ラテンダンスの世界へようこそ!」という初企画が開催されました。


 ダンススタジオ「ハピネス」を主宰されている、坂田吉総さんと 坂田美千子 さんご夫妻による、
ラテンダンスの本場キューバで学んだ、本格的なラテンダンス(ライセンスA級)が5種類披露されました。
私は昔、坂田先生にダンスを指導して頂いたことがあります。坂田先生を数十年振りに拝見しました。
20代の頃と同じ体形を維持し、昔と変わることのないキレのよい見事なダンス披露されていました。
ご夫妻ならではの息のピッタリ合ったダンスは、ラテンダンスの楽しさが満喫出来て見応えがありました。


 美術館の広い吹抜けホールが満席となり、補助椅子も並べられ、立ち見も出るほど大盛況でした。
簡単なスタンダードステップのワンポイントアドバイスもあり、ダンサーと観客が一体化するシーンもありました。
坂田先生の奥様の煌びやかなコスチュームやアクセサリーが、時間の経過と共に薄暗闇に浮かび上がり妖艶でした。
午後5時15分スタート、午後6時終演。アンコールが鳴り止みませんでしたが、坂田ご夫妻は全力投球されたので、
正直に「疲れました」と清々しい顔をされていました。坂田ご夫妻は、美術館で踊るという夢のような企画で、
久し振りにスポットライトを浴びて大勢の観客の前で踊ったので、感無量だったようで涙ぐんでいました。 
美術館という特別な空間でダンスを開催するのは初企画でしたが大成功!ダンサーも観客も大満足の夜でした。