241.花のトンネル 2020/11/08 (日)

 今朝の熊日新聞に「花6万本アーケード包む」という
記事が掲載されていました。熊本市の繁華街において、
「まち・はなパピリオン」が華やかに開催されていました。



 デンマークのフラワーアーティストの箱型オブジェは、
鮮やかなピンク系の花々で彩られ、美に対する感性が鋭く、
とても新鮮に感じられました。



 メインの「花のトンネル」は、長さが20メートルもある作品でした。
トンネルの中を鑑賞するための長蛇の列が出来ていたので、
残念ながらトンネルの中に入ることは諦めて、トンネルの外側から鑑賞しました。
熊本のフラワーアーティストの方々が、力を結集して制作した大掛かりな作品は、
まるで異空間に迷い込んだかのような素晴らしい見事な作品でした。




 その他にも、秋らしさを演出した大胆なフラワーアレンジや、
秋のお花畑をイメージしたメルヘンチックなガーデンもあり、
大変見応えがありました。




 このような大規模なイベントの開催は、本当に久し振りです。
ふんだんに飾られた豪華な花々に、思わず溜息がもれました。