229.Pastel~毎日、発見している~ 2020/10/16 (金)

 坂口恭平さんの初めてのパステル画集発売記念の原画展示会が、花と骨董「さかむら」で開催中です。
画集は、特装版と普及版の先行販売(50部)がありましたが、瞬く間に売れていました。
私が「さかむら」に到着した時には、すでに特装版は完売していて、原画もかなり売れていたようです。
普及版が数冊しか残っていない状況でした。もしかしたら、初日ですべての作品が完売するかもしれません。



 普及版を購入すると、坂口さんの方から「サインしますよ」と気軽に声を掛けて下さいました。
私の名前だけでなく、坂口さんの畑で暮らす仔ネコのシャンカルの可愛らしいイラストまで描かれていました。
帰り際、取材を終えた坂口さんに、画集の感想を率直に伝えました。どの絵からも、心地よい風が
吹いているような感じ伝わってきました。きっとそれは、坂口さんの心が澄んでいて清らかだからだと思いました。



 坂口さんはご自分の携帯電話番号を公開して「いのっちの電話」を行っています。
今まで2万人もの死にたい人からの相談を受けています。最近は、1日100人も相談の電話が来ているそうです。
私は、坂口さんの貴重な体験を共有して、志を同じくする人たちにノウハウを是非伝えて、坂口さんのような人材を
沢山育てて欲しいと思っているので、そのことを坂口さんに伝えました。そうしましたら、先日、東京で
精神科医の斎藤環先生と対談した時にも、同じようなことを言われたそうです。



 坂口さんは、ツイッターでは過激な感じを受けますが、実際に会うと気さくな好青年といった印象でした。
画集の帯の「僕は毎日、発見している。」(畑への道より)は、とても素敵な言葉です。