121.これが食べたかった 2020/05/15 (金)

 鶴屋デパートの美術画廊で、久保田烈工さんの作陶展を鑑賞しました。
折角、久保田さんがスーツ姿で在廊されていましたが、鑑賞者は私一人だけでした。
久保田さんにしか出せない独特な青磁の色合いが、透明感があり美しかったです。
久し振りに美しいものを鑑賞して、心が潤うのを感じました。



 街中では、昨日から飲食店が店内での営業を再開しているようです。
私も昔から馴染の店でパスタのランチを頂きました。女性2人組のお客さんが、
「これが食べたかったのよね」と感激しながらパスタを食べていました。
老舗のパスタ専門店ですが、初心に帰ったようなシンプルな味わいだったことが、
逆にとても新鮮に感じられました。いつも腰の低いオーナーシェフですが、
料理を作るのも料理を運ぶのもたった一人で、汗を流しながら忙しそうに動き回っていました。
シェフの表情が明るかったことと、変わらない美味しさだったので安心しました。