ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

2020年のダイアリー最新のダイアリーに戻る

268.年末のご挨拶 (2020-12-27)

 年内のブログの更新は、本日を最終日と致します。いつも気に掛けて頂き、私の拙いブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございます。今日は午前中は掃除を丁寧にして、午後からはベランダの鉢植えの植え替えをしました。昨年植えたシクラメンが、今年も再び満開となりました。あらたに、ジュリアン・パンジー・スミレなどを植えると、小さなガーデンは一気に華やぎました。新年を迎える準備も無事整いました。 今年8月、大...

267.井筒和幸監督 登壇! (2020-12-26)

 デンキカンで上映中の映画「無頼」は、社会のあぶれ者たちの群像劇を通して、昭和という時代を描いています。懐かしいヒット曲、街並み、服装、世相・・・などから、昭和という時代を回顧します。予想外なことに、意外にも後味のよい作品に仕上がっていました。主演の松本利夫さんの演技が、誇張され過ぎたものではなかったことや、300人という大人数の出演者全員が熱演していることが、好印象の要因になっているように感じまし...

266.「ミッシング・リンク」 (2020-12-21)

 「ミッシング・リンク」を制作したスタジオライカは、設立から僅か15年で、世界でトップクラスのアニメーション長編映画制作会社となりました。スタジオライカの作品を初めて観たのは「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」でした。日本を舞台にした、記憶に残る美しい映画でした。 スタジオライカの新作「ミッシング・リンク」は、映画「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」のようなワクワクドキドキするような冒険映画です。主人公はイ...

265.寄る辺なき時代を生きる (2020-12-20)

 NHKカルチャーセンターの特別講座「渡辺京二 寄る辺なき時代を生きる」が開催されました。講演会の講師である熊本市在住の渡辺京二さんは、思想史家・歴史家・評論家です。渡辺京二さんの経歴は、1930年京都府生まれ。現在90歳。旧制熊本中学校、1948年(昭和23年)、日本共産党に入党。同年、熊本第五高等学校入学。翌1949年(昭和24年)結核を発症、国立結核療養所(再春荘)に入所。法政大学社会学部卒業。書評紙日本読書新聞編集...

264.晩秋から初冬へ (2020-12-19)

 今年の初秋に初めて訪れた、上之裏通りにあるカフェ「FLAVÉDO」。旬のフレッシュな果物のパフェが評判のカフェです。今回は、2度目の訪問となります。今の季節限定の「りんごとアッサムのパフェ」を賞味しました。Uf-fuの紅茶「アッサム・マンガラム」と、焼きりんごのアイスクリームのパフェです。シナモンやパンデピスのスパイスが、ふんわりと香る冬限定のパフェです。何とクリームの上には、灯りの燈った1本のローソクが、パフ...

263.愛のプレゼント (2020-12-15)

 熊日イラスト&まんが教室の第3回目が開講されました。今年最後ということもあり、盛り沢山の内容でした。まず最初にミカンを渡され、「ミカンに何かイラストを描いて下さい」と言われました。瞬間的にスノーマンの顔が思い浮かんだので、スノーマン風のイラストを描きました。ミカンに直接絵を描くという発想がユニークです。 次に「何でもいいので、1コマのイラストを描いて下さい」と言われました。矢継ぎ早に次々に指示があ...

262.「 道 」 (2020-12-14)

 イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督生誕100年を記念して、「フェデリコ・フェリーニ映画祭」がデンキカンで開催中です。毎日、日替わりでフェデリコ・フェリーニ監督作品の名作が鑑賞できます。私が、最も鑑賞したかったのは「道」(1954年製作)です。昔、NHKテレビで鑑賞したことがありましたが、映画館の大きなスクリーンで是非鑑賞したいと、大変楽しみにしていました。 旅芸人のザンパノを、アンソニー・クインが演...

261.「靴ひも」 (2020-12-13)

 映画「靴ひも」は、約30年ぶりに一緒に暮らすことになった、父と発達障がいのある息子の物語です。イスラエル映画でファミリー映画という点が、大変珍しかったので興味が湧きました。どこかで観たことのあるような、単純なストーリーでないことを願いながら観ました。 監督自身も発達障がいの息子さんを抱えていることや、俳優陣の演技がとてもリアルなので、嘘っぽさが感じられませんでした。実話ベースのストーリーを丹念に積み...

260.Botanical Christmas Exhibit (2020-12-12)

 「Botanical Christmas Exhibit」が、ART SPACE はねで開催中です。心癒される美しいボタニカルアートが、多数展示されていました。会場内の後方スペースでは、季節の花のリースやスワッグが展示されていました。フラワーデザイナーの高木礼子先生による、クリスマスに相応しいワークショップも開催されるそうです。 丁度、高木礼子先生が在廊されていましたので、お話をさせて頂く機会に恵まれました。先日、早川倉庫で開催された「花の美術...

259.熊日名画座フィナーレ (2020-12-11)

 熊日名画座「吉本由美おしゃべり映画会」の最終回が、デンキカンで開催されました。エッセイストの吉本由美さんとの「おしゃべりタイム」が楽しかった映画会。映画を観終わってから、観客が自由気ままに感想を語り合うのがとても新鮮でした。吉本由美さんがセレクトした貴重な映画の数々が、懐かしく思い出されます。 最終回は、フランス音楽界の大御所であるミシェル・ルグラン作品特集より、ヌーヴェルヴァーグ全盛期、ジャン・...


過去のスタッフブログ