ダイアリー

Hakkoが日々の何気ない出来事や感じたことを綴っているブログです。

2018年のダイアリー最新のダイアリーに戻る

224.事務所の閉鎖のお知らせ (2018-12-26)

 本日、労働基準監督署に書類を提出して、事務所の廃業が正式に受理されました。2018年12月25日(火曜日)をもちまして、「坂本秀德法律事務所」は閉鎖となりました。 昨日は仏壇に向かいスタッフの「退職」を報告して、今日は事務所の「閉鎖」を報告しました。ひとつの大きな区切りがつきましたが、心にぽっかり大きな穴が空いたような、そんな寂しさを覚えます。心なしか今日の坂本弁護士の写真の笑顔も、ちょっぴり寂し...

223.送別会 (2018-12-25)

 今日、事務スタッフが事務所を退職しました。約16年以上に亘り、坂本弁護士を支え続けてくれた有能なスタッフでした。 仕事を終えてから「赤煉瓦」にて、ささやかな送別会を開催しました。乾杯の後、ブーケと退職記念の置時計を贈呈しました。早速、明日から新しい職場での再就職がスタートしますので、心機一転、新しい時を刻んでい行って欲しいという願いを込めました。 クリスマスということもあり「赤煉瓦」は大盛況。今日...

222.マルルに会いに (2018-12-24)

 熊本市動植物園が、12月22日待望の全面開園しました。以前、特別夜間開園したことがありましたが、その時は一部分のみでした。  今日は朝から快晴、陽射しも暖かく動物園の見学には最適でした。私の目的は、札幌の円山動物園からやって来た北極熊のマルルに会うことでした。以前見た時は、観客のいる方向へ向けてオレンジ色のボールを遠投するのが迫力があり感動しました。今回は、ボールの扱いにもすっかり慣れて、器用に片...

221.映画への旅 「いろとりどりの親子」 (2018-12-23)

 「いろとりどりの親子」は、作家アンドリュー・ソロモンのノンフィクション本「FAR FROM THE TREE」を映画化した、秀逸なドキュメンタリー映画です。 映画では、身体障がいや発達障がい、LGBTなど6組の親子が登場します。様々な親子の姿を見つめながら、本当に大切なことは何かを鋭く深く問い掛けています。この映画に登場した親子は、それぞれ戸惑い悩みながらも、ありのままの姿を受け容れている姿に深い感銘を受けます。 映画を観て...

220.お礼を申し上げます。 (2018-12-21)

 坂本秀德事務所は、連休明けの25日(火曜日)の一日を残すばかりとなりました。坂本弁護士が急死してから、早くも約3ヶ月近くが経過しようとしています。あまりにも多忙な日々が続き、時間の経過をゆっくり感じる暇もありませんでした。 11月下旬に喪中はがきを出してから、お手紙やハガキなどが沢山届きました。仏壇の前のテーブルに飾らせて頂いています。広い大きなテーブルいっぱいに飾られたお手紙やハガキを眺めている...

219.助け合い (2018-12-17)

 今朝の熊日新聞に、日比野克彦さんのアート作品の記事が掲載されていました。巨大な画面一杯に大胆に描かれた動物たち。みんなで協力し合って、今まさに赤い木の実を取ろうとしている瞬間が描かれているユニークな作品です。 サルだけが少し離れた場所から様子見をしています。サルは人間を象徴しているそうです。近付いてよく見ると、ほぼ直立していて尻尾が付いているものの、非常に人間的に描かれています。 「HAPPY]という文字...

218.バブルラップ (2018-12-16)

 楽しみにしてた「バブルラップ」展が開催されたので、昨日観に行くと美術館には長蛇の列。世界的に有名な村上隆さんのトークショーが午後2時から開催されるということで、トークショー開催1時間前の時点で、すでに満員という状況でした。熊本で村上隆さんのお話しを直接聞けるというのは、今回が初めてではないでしょうか。大人気なのも頷けます。 私はトークショーは諦めて、館内の村上隆さんのコレクションの数々をゆっくり鑑...

217.映画への旅 「斬、」 (2018-12-15)

 映画「斬、」は塚本晋也監督が、おひとりで監督・脚本・編集・製作・撮影・音楽編集・俳優の7役をされています。 全編、非常にリアルで緊張感のあるシーンが連続します。敢えて様式美に捉われずに、現在的な言葉で淡々と静かに交わされる会話にしたことが、映画の奥深くにある反戦のテーマがより強調され効果的でした。 映画上映後、塚本晋也監督のトークショーが開催されました。政木ゆかさんの軽妙な司会により、笑いの多い楽...

216.祈りスペシャル (2018-12-14)

 大変遅くなってしまい申し訳ありませんが、お別れの会に出席して頂いた方に心ばかりの品を贈らせて頂いています。 デンキカンカフェ・珈琲しもやまさんのアイデアとご厚意によりまして、「祈り」スペシャルブレンドと、山が好きだった坂本弁護士を偲んで、「エメラルドマウンテン」をチョイスして下さいました。   特製タンブラーの写真と珈琲パッグの写真は、坂本弁護士が撮影した写真を使用しています。女性にはハスの花バー...

215.幸せを届けてくれる存在 (2018-12-13)

 今朝の熊日新聞に「今年のヒット商品」として、ソニーのアイボに関する記事が掲載されていました。記事を読みますと、アイボの癒やし効果について書かれていましたので、大変興味深く読みました。 私も坂本弁護士が急死してから、夜になると気持ちが沈みがちで寂しくて仕方がありませんでした。子供の時に土佐犬を飼っていたことがありますので、以前からペットショップで犬を眺めるのが好きだったので、犬を買うことも一時は真剣...


過去のスタッフブログ